まったくお金を借りられないときに考えるべきことは?最終手段はあるの?

お金を借りられないときの最終手段は債務整理!誰に相談すべきかも!

お金を借りられないときにもう目の前の支払いができないとなるとお先真っ暗と思うかもしれません。

しかし、最終手段があるなら何とかしてやりたいという気持ちを持っている人もいるでしょう。

お金を借りられないときにも最終手段として債務整理があります。

この記事では債務整理の概要と、債務整理をすると決断したときの相談先について詳しく解説します。

債務整理はお金を借りられないときの最終手段

債務整理は借金をしているのが原因でお金を借りられないときの最終手段です。

債務整理とは債務を抱えている人への救済措置で、借金の返済スケジュールや返済金額を調整できます。

裁判所を通じて法的な手続きをすることにより、自己破産をして借金を一度なくしてしまうこともできます。

自己破産をすると生活に最低限必要なもの以外はすべて差し押さえられて失うことになりますが、多重債務で首が回らなくなったときには救済になるでしょう。

お金を借りられないと思っている理由が借金の返済のお金がないからという場合には、債務整理をすることを前向きに考えてみましょう。

相談先は弁護士か司法書士

債務整理の相談先は弁護士と司法書士です。

債務整理には任意整理、個人再生、自己破産の三種類があります。

弁護士はすべてに対応できますが、司法書士は金額が小さいときに任意整理にだけ対応可能です。

通常は任意整理から可能性を考え始めるので、少額の借入をしているだけなら司法書士で十分でしょう。

1社につき140万円までの借金であれば司法書士に任意整理をしてもらえます。

弁護士か司法書士か、あるいはどの事務所に相談すべきかで悩んだときには法テラスに電話しましょう。

法テラスでは無料で法律相談が可能で、詳しく相談をするのに適している事務所を提案してくれます。

お金を借りられないときの最終手段は債務整理です。

多額の借金をしているときには債務整理を決断しましょう。

弁護士なら一通りの債務整理ができますが、少額の借金しかしていないなら司法書士に相談して任意整理をするのも良い方法です。

相談先で迷ったときには法テラスに電話をして、安心して利用できる弁護士や司法書士を紹介してもらいましょう。

借金問題の無料相談ならアディーレ法律事務所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

/home/spend/nextcc.jp/public_html/wp-content/themes/sango-theme/footer.php on line 70
&1179174110" border="0" alt="" data-no-lazy="1" />